新宿駅南口徒歩4分東京・新宿の
美容外科・
美容皮膚科 Pono
clinic(ポノクリニック)
img
メニュー
img
閉じる
TOP > 美容整形コラム > 目の下のクマを予防したい!自分で出来る事とは?
2024.05.13
目の下のクマ /

目の下のクマを予防したい!自分で出来る事とは?

記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形

目の下のクマは、年齢よりも老けて見えたり、疲れた印象を与える原因になります。

クマが発生してからでは改善するのが難しい種類のクマもあるので、しっかりと予防ケアを行うことが大事です。

ここでは、クマの種類別に予防ケア法をご紹介しています。

青クマの予防ケア法

青クマの原因は目元の血行不良。血行不良を予防することが、青クマの予防にもつながります。

主な予防ケア法を見ていきましょう。

適度な運動の継続

適度な運動を習慣化することで、良好な血行状態が維持されます。

筋トレなどの激しい運動ではなく、ウォーキングや軽いジョギング、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。

ただし、疲労は逆に血行不良を招くため、あまり無理し過ぎないようにしましょう。

睡眠不足の解消

睡眠不足は血行不良の大きな要因の1つ。

夜遅くまでスマホの使用などはせず、1日7~8時間は睡眠をとるようにしましょう。

眠りの質を高めるため、就寝直前の食事やカフェインの摂取は控えるようおすすめします。

冷えの解消

シャワーだけで終わりにせず、しっかりとバスタブに浸かり、体が冷えないようにしましょう。

就寝の少し前に体を温めれば、体温の降下とともに自然と寝入りが良くなって一石二鳥です。

血行維持につながる食習慣

血行を良くすると言われる食品を積極的に摂りましょう。

例えば、納豆や青魚、かぼちゃ、たまねぎなどです。

逆に、塩分の多いジャンクフードやコレステロールの多い食品、糖分を多く含む清涼飲料水などは血行を悪くする恐れがあるので、過剰摂取は控えましょう。

茶クマの予防ケア法

茶クマの原因は、目元を過度に触ったりこすったりすることによる刺激で、色素沈着を起こすことにあります。

正常なターンオーバーを維持することが、茶クマの予防につながります。

主な予防ケア法を見ていきましょう。

紫外線対策

日焼け止めやUVカットサングラス、帽子などを利用し、徹底して紫外線対策を行いましょう。

夏の晴天時だけではなく、冬の曇天時にも紫外線は多く降り注いでいます。一年中、紫外線対策は欠かせません。

目元の保湿ケア

保湿成分(ヒアルロン酸やセラミドなど)を含んだ良質の美容液などを使い、日常的に目元の保湿ケアを行いましょう。

保湿ケアは、ターンオーバーを正常に保つための基本的な対策です。

黒クマの予防ケアは難しい

黒クマは目の下の凹凸によって生じる影が原因です。

黒クマの予防ケアは、保湿やマッサージなどのセルフケアだけでは難しいことが多く、根本的な解決には美容クリニックなどでの専門的な治療が必要です。

進行した黒クマを改善するには?

黒クマを改善し、再び若いころの目元を回復させるためには、美容クリニックなどで治療を受ける必要があります。

美容クリニックでは黒クマを改善させるいくつかの方法を用意しているので、症状が気になる方は気軽に相談してみましょう。

また、Pono clinicでは黒クマを改善する治療法として、裏ハムラ法をおすすめしています。

裏ハムラ法とは、目の下のふくらみの原因である眼窩脂肪を、へこんでいる部分に移動することで、たるみ・くぼみによるクマを改善する治療法です。

まぶたの裏側から小さい範囲で切開を行うため、傷あとが見えることはありません。

裏ハムラ法の詳細については、以下の参照ページからご確認お願いします。

裏ハムラ裏ミッドフェイスリフト-一覧
裏ハムラ・裏ミッドフェイスリフト
裏ハムラ・裏ミッドフェイスリフトの説明ページです。 具体的な施術内容や術式について、詳しく説明しておりますので、ご参考になさってください。
>> 続きを見る

まとめ:目の下のクマ予防ケア方法

  • 青クマの予防ケア法
  • 血行促進のために適度な有酸素運動を習慣化する。
  • 睡眠不足を解消し、1日7~8時間の質の良い睡眠を心がける。
  • 冷えを解消し、入浴によって体温を適度に保つ。
  • 血行を良くする食品を摂取し、塩分や糖分の摂り過ぎを避ける。

  • 茶クマの予防ケア法
  • 紫外線対策を徹底し、一年中UVケアを行う。
  • 目元の保湿ケアを常に心がけ、ヒアルロン酸やセラミド含む美容液を使用する。

  • 黒クマの予防ケアは難しい
  • 黒クマの予防ケアは、保湿やマッサージなどのセルフケアだけでは難しい。
  • 根本的な解決には美容クリニックなどでの専門的な治療が必要。
img
記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
監修医師紹介ページ
もっと見る
経歴
2008年3月
防衛医科大学校医学科卒業
2008年6月
防衛省防衛医科大学校病院 研修医
2010年6月
防衛省航空自衛隊下甑島分屯基地 衛生小隊長
2011年8月
防衛省航空幕僚監部 首席衛生官付
2011年11月
防衛省防衛医科大学校病院 皮膚科
2014年4月
医療法人社団医凰会
2015年5月
清水富士山病院 院長
2015年12月
川崎中央クリニック 副院長
2016年3月
福岡博多駅前通中央クリニック 院長
2016年
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得
2017年1月
湘南美容クリニック福岡院
2017年6月
湘南美容クリニック熊本院 院長
2018年11月
湘南美容クリニック立川院 院長
2022年
美容外科に専念するため皮膚科学会認定皮膚科専門医を更新せず
2022年5月
日本美容外科学会認定美容外科専門医取得
2023年2月
Pono clinic(ポノクリニック)開業
資格・所属学会
日本美容外科学会専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員(JSAPS)
日本皮膚科学会会員
アラガンジュビダームビスタ認定医
アラガンボトックスビスタ認定医
img

お問い合わせ

Contact