新宿駅南口徒歩4分東京・新宿の
美容外科・
美容皮膚科 Pono
clinic(ポノクリニック)
img
メニュー
img
閉じる
TOP > 美容整形コラム > 目の下のクマは疲れや寝不足が原因?それ以外の原因は?
2024.05.13
目の下のクマ /

目の下のクマは疲れや寝不足が原因?それ以外の原因は?

記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形

一般的に、目の下のクマは寝不足や疲れなどが原因というイメージがありますが、実際には別の原因によりクマが現れることもあります。

ここでは、クマの背景にある疲れ・寝不足以外の原因を見ていきましょう。

疲れ・寝不足以外のクマの原因

栄養バランスの崩れ

食生活の偏りによる栄養バランスの崩れがクマの原因になることもあります。
クマの予防・改善効果が期待できる成分は、ビタミンC・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンPなどです。好きなものばかり食べる生活を改め、栄養バランスを考慮した3食をしっかり摂るようにしましょう。

血行不良

血行不良で目の下に血液が滞留すると、皮膚から血液が透けてクマが現れます(青クマ)。注意したいのが体の冷え、運動不足、水分不足、ストレスです。目の下に血行不良が生じている時は、全身が血行不良となっている可能性もあるのでご注意ください。

メラニン色素の沈着

紫外線や皮膚への刺激の影響でメラニン色素が過剰に生成され、ターンオーバーの乱れから目の下に色素沈着が生じることもあります(茶クマ)。

日焼け止めやUV対策サングラスなどを使用して紫外線対策を行うとともに、洗顔・クレンジングの際には肌をこすりすぎないようにしましょう。

加齢等による眼窩脂肪の移動

眼窩脂肪(目の周りの脂肪)が下へと垂れ下がり、そのふくらみの影がクマとして現れることがあります。主な原因は老化なので、セルフケアで改善を図ることはできません。

病気

バセドウ病、貧血、肝臓病、腎臓病、うつ病、がん、アトピー性皮膚炎など、各種の病気が原因でクマが現れることもあります。クマにアプローチするのではなく、原因となる疾患の治療が優先されます。

クマ治療
クマ治療
クマ治療の説明ページです。 具体的な施術内容や術式について、詳しく説明しておりますので、ご参考になさってください。
>> 続きを見る

【まとめ】自分で改善させられないクマは医療機関で治す

疲れや寝不足が原因でクマが現れることは確かですが、それら以外にも様々な原因でクマは現れます。

疲れや寝不足が原因なら自分で改善を図ることも可能ですが、加齢や病気が原因のクマの場合、自分で改善させることは困難です。

美容外科や内科などの適切な診療科を受診し、医師とともに根本的な改善を目指していきましょう。

img
記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
監修医師紹介ページ
もっと見る
経歴
2008年3月
防衛医科大学校医学科卒業
2008年6月
防衛省防衛医科大学校病院 研修医
2010年6月
防衛省航空自衛隊下甑島分屯基地 衛生小隊長
2011年8月
防衛省航空幕僚監部 首席衛生官付
2011年11月
防衛省防衛医科大学校病院 皮膚科
2014年4月
医療法人社団医凰会
2015年5月
清水富士山病院 院長
2015年12月
川崎中央クリニック 副院長
2016年3月
福岡博多駅前通中央クリニック 院長
2016年
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得
2017年1月
湘南美容クリニック福岡院
2017年6月
湘南美容クリニック熊本院 院長
2018年11月
湘南美容クリニック立川院 院長
2022年
美容外科に専念するため皮膚科学会認定皮膚科専門医を更新せず
2022年5月
日本美容外科学会認定美容外科専門医取得
2023年2月
Pono clinic(ポノクリニック)開業
資格・所属学会
日本美容外科学会専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員(JSAPS)
日本皮膚科学会会員
アラガンジュビダームビスタ認定医
アラガンボトックスビスタ認定医
img

お問い合わせ

Contact