新宿駅南口徒歩4分東京・新宿の
美容外科・
美容皮膚科 Pono
clinic(ポノクリニック)
img
メニュー
img
閉じる
TOP > 美容整形コラム > 簡単にできる目の下のクマのケアとは?
2024.05.13
目の下のクマ /

簡単にできる目の下のクマのケアとは?

記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形

目の下のクマは、症状や原因別に青クマ・茶クマ・黒クマなどの種類があります。

セルフケアでクマの緩和を図りたい方は、それぞれの種類に応じた適切なケアを行うようにしましょう。

ここでは、青クマ・茶クマ・黒クマ、それぞれのセルフケア法についてご紹介します。

あわせて、美容クリニックで行っているクマの治療法もご紹介しているので、クマでお悩みの方は参考にしてみてください。

青クマのケア法

青クマの主な原因は、目の下の血行不良。

目元の血行を改善させることで、クマの症状の緩和が期待できます。主なケア法を見てみましょう。

マッサージ

ホットアイマスクや加温した濡れタオルなどで、しばらく目元を温めた後、下まぶたの目尻(外側)から目頭(内側)にかけて指を滑らせるようにして、やさしくマッサージをします。

滞留している血液を流すイメージです。

皮膚への摩擦・刺激を避けるため、あらかじめマッサージを行う部分には十分にオイル等を塗りましょう。

適度な運動

適度な運動により全身の血行を促進させることで、目元の血流の改善を図りましょう。

ウォーキング、ジョギング、ヨガ、ストレッチなどがおすすめです。

十分な睡眠

1日7~8時間の十分な睡眠をとりましょう。

寝不足は血行不良を招く大きな原因の1つです。

残業や飲み会、スマホのいじりすぎで寝不足となり、翌日、青クマに悩まされた経験のある方も多いのではないでしょうか?

茶クマのケア法

茶クマの主な原因は、目の下で過剰生成されたメラニンの色素沈着。

紫外線対策などにより、ある程度の予防効果が期待できます。主なケア法を見てみましょう。

目元の保湿

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分を含んだ美容液などで、目元をしっかりと保湿しましょう。

肌のターンオーバーが乱れると、メラニンの色素沈着が起こりやすくなります。

ターンオーバーを正常化させるためには、保湿ケアが非常に大切です。

紫外線対策

外出する際には、日焼け止めやUVカットサングラスなどを使用し、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

紫外線はメラニンを過剰生成させる主要な原因の1つ。

色素沈着だけではなくたるみの原因にもなるので、紫外線対策はエイジングケアの基本と心得ましょう。

黒クマのケア法

黒クマの主な原因は目の下の凹凸です。

目の下のたるみ(ふくらみ)やくぼみ(ティアトラフ)があるため、目の下に影が出来てしまう状態です。

目元の保湿などで症状の進行スピードを抑制できることもありますが、基本的にセルフケアで改善させることは難しいとお考えください。

主なケア法を見てみましょう。

目元の保湿

目元専用の美容液を使い、日常的に保湿ケアを行いましょう。

セラミド、レチノール、ビタミンC誘導体など、肌のハリをサポートする成分が配合されている商品がおすすめです。

クマの治療方法

青クマ・茶クマ・黒クマ、それぞれのケア法をご紹介しましたが、これらのうち特にセルフケアで予防・改善が難しいタイプが黒クマです。

黒クマの主な原因は目の下の凹凸であり、マッサージなどのセルフケアでの改善は難しいです。

すぐに黒クマを治したい方は、美容クリニックでの治療を検討してみてください。

また、美容クリニックでは、クマの治療に裏ハムラ法、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、レーザー治療など多様な治療法が提供されています。

クマに関するお悩みをお持ちの方は、美容クリニックや専門医との相談を通じて、最適な治療法を選択し、専門的なアドバイスを受けた上で治療を進めることをおすすめします。

クマ治療
クマ治療
クマ治療の説明ページです。 具体的な施術内容や術式について、詳しく説明しておりますので、ご参考になさってください。
>> 続きを見る

まとめ

  • 青クマのケア法
  • 血行不良が原因である青クマは、ホットアイマスクや温タオルでの温め後のやさしいマッサージで緩和できます。
  • 適度な運動で全身の血行を促進し、目元の血流改善を図ります。
  • 十分な睡眠を取ることで、血行不良による青クマを予防します。

  • 茶クマのケア法
  • メラニンの色素沈着による茶クマは、目元の保湿と紫外線対策で予防と緩和が期待できます。
  • 保湿成分を含んだ美容液で目元を保湿し、肌のターンオーバーを正常化させます。
  • 外出時には日焼け止めやUVカットサングラスで紫外線から目元を守ります。

  • 黒クマのケア法
  • 黒クマの主な原因は目の下の凹凸であり、前提としてセルフケアでの改善は難しいです。
  • 目元専用の美容液を使い、肌のハリをサポートする成分で保湿します。

  • 美容クリニックのクマ治療方法
  • 黒クマはセルフケアでは改善が難しく、美容クリニックでの治療をおすすめします。
img
記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
監修医師紹介ページ
もっと見る
経歴
2008年3月
防衛医科大学校医学科卒業
2008年6月
防衛省防衛医科大学校病院 研修医
2010年6月
防衛省航空自衛隊下甑島分屯基地 衛生小隊長
2011年8月
防衛省航空幕僚監部 首席衛生官付
2011年11月
防衛省防衛医科大学校病院 皮膚科
2014年4月
医療法人社団医凰会
2015年5月
清水富士山病院 院長
2015年12月
川崎中央クリニック 副院長
2016年3月
福岡博多駅前通中央クリニック 院長
2016年
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得
2017年1月
湘南美容クリニック福岡院
2017年6月
湘南美容クリニック熊本院 院長
2018年11月
湘南美容クリニック立川院 院長
2022年
美容外科に専念するため皮膚科学会認定皮膚科専門医を更新せず
2022年5月
日本美容外科学会認定美容外科専門医取得
2023年2月
Pono clinic(ポノクリニック)開業
資格・所属学会
日本美容外科学会専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員(JSAPS)
日本皮膚科学会会員
アラガンジュビダームビスタ認定医
アラガンボトックスビスタ認定医
img

お問い合わせ

Contact