新宿駅南口徒歩4分東京・新宿の
美容外科・
美容皮膚科 Pono
clinic(ポノクリニック)
img
メニュー
img
閉じる
TOP > 美容整形コラム > 目の下のクマは老化の兆候?
2024.05.13
目の下のクマ /

目の下のクマは老化の兆候?

記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形

目の下のクマには青クマ・黒クマ・茶クマ・赤クマの4種類がありますが、これらのうち黒クマは、老化が大きな原因の1つとされています。
ここでは、黒クマの症状や主な原因、改善方法などを解説しています。

黒クマの症状とは

黒クマの症状は、目の下に暗い影や色素沈着が現れることです。これは主に肌の凹凸や加齢、疲労、水分不足などによって引き起こされます。

黒クマの主な原因は肌の凹凸です。この凹凸は特に、目の周りの筋肉(眼輪筋)と頬骨の間のつながりの強さによる凹みが根本的な理由です。

目の下を指で軽く下へ引っ張ってみると、たるみが消えるので影も消え、結果として黒クマも消えます。指を離すと、ふたたびたるみが戻り、黒クマが現れます。

自分のクマがどの種類のクマか分からない方は、試しに目の下を下へ軽く引っ張ってみてください。クマが消えれば黒クマ、消えなければ青クマや茶クマの可能性が高いでしょう。

黒クマの主な原因は老化

黒クマは、皮膚のたるみを含めていくつかの複合的な原因で生じます。いずれも老化に関連した原因です。主な原因を2つほど見てみましょう。

皮膚のたるみ

老化や紫外線の影響により、目の下の皮膚内部のコラーゲンが減少。肌の弾力が低下してたるみが生じ、このたるみの影により黒クマが現れます。

眼輪筋の衰え

老化の影響により眼輪筋(目の周りの筋肉)が衰え、目の下に眼窩脂肪(目の周りの脂肪)によるふくらみが生成。このふくらみで影が生じ、黒クマが現れます。

黒クマの改善方法

黒クマの主な原因が老化である以上、セルフケアのみで黒クマを改善させることは困難です。

以下の方法で目の下の皮膚のたるみを緩和させたり、眼輪筋を強化したりすれば、多少は症状の進行を緩められるかもしれませんが、根本的な改善を目指すことは難しいかもしれません。

保湿ケアで皮膚のたるみを予防する

目の下の皮膚がたるんでしまう1つの原因として、目の下の乾燥があります。日頃から目の下の皮膚が乾燥しないよう、目元美容液などを使って十分な保湿ケアを行いましょう。あわせて、紫外線対策もしっかりと行うようおすすめします。

目元トレーニングで眼輪筋を鍛える

老化で衰えた眼輪筋を鍛え直せば、多少は眼窩脂肪の垂れ下がりを緩和できるかもしれません。目を強く閉じて一定時間キープした後、目を見開いて一定時間キープするなど、日頃から眼輪筋に力を入れるトレーニングを行ってみましょう。

黒クマの症状が軽度の場合、または、まだ黒クマが現れていない場合には、これらのセルフケアで多少の予防効果が期待できるかもしれません。ただし、すでに症状が著しく現れている場合には、焼け石に水のような努力にもなりかねないこともご理解ください。

なお、美容外科や美容皮膚科では、老化を原因とした黒クマの解消方法として、脱脂、脂肪注入、裏ハムラ法などの施術を推奨しています。

  • 脱脂手術:脱脂手術には二通りの方法があります。最初の方法は「経結膜脱脂」で、これは下まぶたの内部の粘膜を通じて眼窩脂肪を取り除く手術です。この方法の大きな利点は、外部の皮膚に傷が残らず、縫合や抜糸が必要なく、回復も迅速であることです。もう一つの方法は「経皮脱脂」で、こちらは下まつげの下の皮膚を開いて余分な脂肪を除去します。
  • 脂肪注入療法:この治療では、患者自身の脂肪を用いて目の下のくぼみやたるみを改善します。特に、目の下が凹んでいるタイプの黒クマに効果的で、肌を持ち上げて見た目を改善します。くぼんだ部分に脂肪を注入することで、顔にボリュームと若々しい印象をもたらします。
  • 裏ハムラ法:裏ハムラ法は、まぶたの内側に細かい切開を施し、加齢によって蓄積された眼窩脂肪を再配置して、目の下の凸凹を整える手術方法です。この処理により、眼窩脂肪の膨らみが解消され、それに伴い黒クマ(影)も目立たなくなります。

黒クマの改善には複数の治療法が存在します。裏ハムラ法は根本的な治療を目的とし、定期的な施術が不要な点が特徴です。また、目の下の脱脂手術には「経結膜脱脂」と「経皮脱脂」の二つの方法があり、それぞれ眼窩脂肪を取り除く効果的な手段です。脱脂手術は外部の皮膚に傷が残らない、または少ないことが利点です。脂肪注入療法は、肌を持ち上げ、顔に若々しい印象を与えます。それぞれの治療法を理解して、黒クマに悩む方は自身に合った施術を検討してみて下さい。

クマ治療
クマ治療
クマ治療の説明ページです。 具体的な施術内容や術式について、詳しく説明しておりますので、ご参考になさってください。
>> 続きを見る

【まとめ】黒クマを改善させるためには施術・治療が必要

4種類あるクマの中でも、黒クマは主に老化が原因となります。
セルフケアで人間の老化を止めたり解消したりすることができない以上、黒クマを根本的に改善させるためには、何らかの施術・治療が必要です。黒クマにお悩みの方は、一度美容クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

img
記事監修ドクター
Pono clinic院長/日本美容外科学会認定専門医
芝容平
Shiba Yohei
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
専門分野:クマ治療/再生医療/若返り・エイジングケア/目元整形
監修医師紹介ページ
もっと見る
経歴
2008年3月
防衛医科大学校医学科卒業
2008年6月
防衛省防衛医科大学校病院 研修医
2010年6月
防衛省航空自衛隊下甑島分屯基地 衛生小隊長
2011年8月
防衛省航空幕僚監部 首席衛生官付
2011年11月
防衛省防衛医科大学校病院 皮膚科
2014年4月
医療法人社団医凰会
2015年5月
清水富士山病院 院長
2015年12月
川崎中央クリニック 副院長
2016年3月
福岡博多駅前通中央クリニック 院長
2016年
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医取得
2017年1月
湘南美容クリニック福岡院
2017年6月
湘南美容クリニック熊本院 院長
2018年11月
湘南美容クリニック立川院 院長
2022年
美容外科に専念するため皮膚科学会認定皮膚科専門医を更新せず
2022年5月
日本美容外科学会認定美容外科専門医取得
2023年2月
Pono clinic(ポノクリニック)開業
資格・所属学会
日本美容外科学会専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員(JSAPS)
日本皮膚科学会会員
アラガンジュビダームビスタ認定医
アラガンボトックスビスタ認定医
img

お問い合わせ

Contact